works 4



MIZUNO

ミズノのアルミロードです。書体と色のバランスだけでお任せしていただいたのでリラックスして塗装できました。写真ではわかりにくいですがフレームのグラデーションとロゴのグラデーションの行き違い部分がややむずかしかったですね。
この部分ですね。

LEMOND

フルカーボン、OCLVのレモン。ほんとに軽くてかっこいいフレームですね。初めてみたのですが旧塗装が爪がひっかかるくらい柔らかに変質していたため少し不安でしたがお客様のご希望に沿う形で仕上がったようです。カーボンとは思えないような金属的な色にしあがりデカールもわざと同系統でめだたなく、アルモモノコックと思わせるような意外性
ヘッドマークも最初モノクロで作りました。お客様もモノクロイメージということでしたので、でも貼ってみるとどうも生ぬるい感じがしてしまって、ごめんなさい勝手にやっちゃいました。


SPECIALIZED  BRIDGESTONE

浜松から持ち込んでいただきました。
ホログラムのデカールが似合います。
写真では全くわからないですがブルーパールがかかっています。細いタイヤと相まって軽快でスポーティーなMTBとなりました。
黄色とブルーメタリックが似合います
メトロっていう名前で昔発売していたっけ?太いスリックはモーターサイクルみたいでかっこいいです。
今でもこんな太いスリックあるの?・・・世間知らずですみません。
遠くからありがとうございました。


オリジナル折りたたみ小径車 改 折りたたまない小径車

数年前にオーダーされ、もう、たたんで持ち運ぶこともないとのことで小径スポーツ車に変更されました。
今回もホログラムのデカール。ここからもリンクしているグレイグラフィックさんのフォントがよく似合いオリジナル感100パーセント。
フォークにもお気に入りの文字を。
BIKE STOCK 2004の当社のブースにも完成状態で乗り込まれました、チビのくせに存在感があり各部の小細工など、お隣のvikkinoのスタッフもうなっておられました。


KAILASH

かなり古いロードですがチネリレーザーのようなブルーで塗装しました。
KAILASHとはお客様のオリジナルで山の名前だそうです。


LOOK KG−386

このルックも大変細かな注文でした。
しかし、お客様がドローソフトの使い手で、すべてご自身で輪郭データをお作りいただけました。
非常に細かなところまで再現されております。


CHINELLI

泣く子もだまるスーパーコルサです。きれいなピンク色でしたがやはりメッキがすこし弱いようですね、フォークの肩もかなり錆びが出ていました、
お客様のご希望はレーザーのメタリックブルーでした。今でも人気のある色ですね。
細かいところまでコピーしました。フォークの肩もメッキトーンという最新の塗料を使いメッキ色に近づけてみました。気に入っていただけるでしょうか?


SHIMANOコンプリートホイール

シマノの完組みホイールです。組みあがった状態での塗装のためウレタン(自然乾燥塗料)です。ハブは塗らないためマスキングしてあります。
キャノンデールのマシンに取り付けるためホログラムのデカールを貼り付けクリアコートです。このホイール。回転するとストロボのようにキラッキラッとある一定の角度で反射して文字がしっかり読み取れます。

PINARELLO
組みあがり画像はこちら

ピナレロのプリンスです。作業前の画像を撮り忘れました。カーボンとアルミのハイブリッドです。
カタログにあったプリンスの文字をスキャンして貼り付け、なかなか良い文字です。
ミラータイプの金文字なのですがこの画像ではちょっとわかりづらいかも。

 
KAPPAGO

東京からご注文いただきました、ターナーのフルサス。鮮やかなグリーンにオレンジのロゴ。
コイツは目立つぞぉ。
実はオレンジのロゴの注文を受けてから在庫のないのが判明。マスキングでペイントロゴをサービスしました。
サービスついでにカッパのヘッドマークもオマケしたけどハテ?KAPPAGOとは河童号なのかどうかは聞いていなかった。使ってくれたかどうかは不明。