works17

ANCHOR  neo-cot

アンカーのフレームです。BSもアンカーロゴもあえて入れずにneo-cotというあたりがこだわりですね。ラグとパイプが一体成形でつなぎ目がとてもスムーズ。とてもかっこいいフレームです。
色もとても透明感があります。湖の底のようなグリーンです。

下の画像は組み立て調整中のお客様からお送りいただきました。

ROSSIN

ふれーむ単体での画像を撮影し忘れました。
お客様からの組み立て完成画像をお送りいただきました。
ちょっとレトロなフレームはわりとシックま色合いで仕上げがち。
でもビビッドなカラーもなかなかなものです。


GIANT

お客様ご自身で旧塗膜を削り取られ、ご依頼されました。当社では画像ではわかりにくいですがGIANTロゴを貼りクリアコートしました。組み上がりが自転車としてとてもバランスよくかっこいいですね。

ORIGINAL

ビビッドレッド単色でシンプル、同系色のオリジナルロゴです。
パーツ類もカラーコーディネート。


cannondale


本体色とロゴマークを少しだけ明度の違うシルバーでつや消しにしています。
アメリカンによくある国旗のシンボルも同様に
シートステーのHAND MADE〜もすべて塗装で仕上がっています。
今度機会があったら自分のフレームにも施したいカラーです。

cannondale

オリジナルデザインをホログラムで再現。というご依頼です。
旧タイプのヘッドマークはホログラムがとても合います。

GIANT

オリジナルは上のイエロー、レッド、ブルーの配色でした。色の乗っている部分のみを黒で塗りつぶしヌードスキンの部分はそのまま残しました。難しい作業でしたがかなり時間の余裕をいただき仕上げることができました。

  

COLNAGO

一時流行ったエアーブラシ塗装?一部転写デカールで割と派手なオリジナルでした。
おちついた黒に鮮やかなオレンジに変更。

文句なしに格好いいです。


KUOTA

無地だったフォークを本体フレームのデザインと合わせる依頼でした。

ZUNOW

キャンディーレッドで塗装しました。
見えにくいかもしれませんが後貼りでお客様がデカールを貼られています。
クリアコートの上に後貼りすると剥がれやすいと思われがちですが洗車程度でははがれません。
飽きたら違うロゴやシンボルマークを貼れるのでこれもまた楽しいですよ。