カーボンリヤバックのコルナゴ、リヤのヌードカーボンも美しく残せました。

ヘッドマークもホログラムで虹色に輝いています。
モノトーンでありながら見る角度で極彩色に輝く。





ディープリムは個性を主張するのに大変良い
カンバスとなりますね。
お客様から組み込み後の画像が送られてきました。
格好いいですね。ホイールのデザインを多色にしなかったのがとても成功していると思います。大きなロゴの割にうるさくないですね。
速さを表現するものにチェッカーフラッグ模様がピッタリくるのはなぜでしょう?



上のお客様のご依頼をうけて自分のもやってみたくなり、左横の画像のホイールをさわってみました。下のような見栄えになりましたが自分のですからかなり手抜きです。
Kの文字が転がってるイメージですが…
センスがいまいちですか…

これからこの手の依頼がディープリムの普及で増えそうです。


KESTREL

届いたばかりのニューフレームをここまでしてしまいました。
新品のフレームでもサンディングして塗膜を剥がします。デカールの部分は特にきれいに剥がし、段差を取りますが、ニューフレームにいきなりサンドペーパーをかけるのは少しためらいがありますね。

どこへ行っても格好良く目立つフレームとなりました。
お客様より完成画像が届きました。
これを都内で走らせているんですね。
目立ちますね。
レース会場でも目立ちますね。

  
KESTREL

下のフレームを塗装しました。いろんな加工がしてありパテ込み修正もしてあります。

本体色が白や淡い色をお選びいただくと当社の印刷システムでもフルカラーデカールをお作りすることができます。下色が濃いと透けてしまうので白下のインクの出る印刷機が必要でステッカー専門業者に依頼することになります。
お客様から組み上がり画像も届きました。
カーボンディープリムが入ってますます格好良くなりました。


cannondale

キャノンデールお約束、ハンドメイドインUSA
お客様ご自身のシンボルマークです。こういったワンポイントが自分だけのもの、世界に一つという自転車になりますね。


cannondale deltaV


キャノンデールデルタVを当時のオリジナルデザインでメタリック調にしあげました。
上の画像をクリックすると詳しいムービーが流れます。音も出ますのでご注意ください。
細かいところも再現。
懐かしいブレーキブースターもコーディネート
フロントサスのリモートアジャスターも使えます。ロックアウトも可能。


SPINERGY

スピナジーステルスカーボン、不思議なスポークのカーボンホイール、かっこいいですがデカールが気に入らない人もいらっしゃいます。
上の画像のようにしてみました。H○Dに似てるって言われそうですが回転体にロゴを入れると皆こんな感じになるのでは・・・


CHESINI


初めて扱ったフレームです。
直付け台座が凝っています。
オリジナルの塗装も大変丁寧でした。

panasonic


パナソニックのオリジナルロゴをやめてポップな書体でのオーダーです。鮮やかな黄色ですがトップコートにパールを入れて柔らかな感じになりました。